ポンチ絵で学ぶ
機械設計図面の基礎セミナー

ポンチ絵で学ぶ
機械設計図面の基礎セミナー

機械図面の基礎セミナー

横浜会場 2017年 4月16日(日) ¥12,960
売切れ 売切れ
大阪会場 2017年 4月23日(日) ¥12,960
売切れ 売切れ

設計初心者・未経験者のための機械図面を読み取るセミナー

 
 機械図面には、様々な情報が記載されているので、非常に難しく感じますが、記載ルールと形状を読み取るポイントを押さえてしまえば難しくはありません。
その代わり、パッと読み取ることができるようになるためには、たくさんの図面に触れることが大事なのです。
本講座は、設計初心者・未経験者の方が、図面から形状を読み取れるようになるために、最低限のルールとポイントを学ぶセミナーです。
簡単だけどたくさんの演習問題をこなすことによって、自然に図面形状が読み取れるようになります。

 図面が読み取れるようになると、正確な情報が分かったり、誰かに伝えることができるようになってとても便利です。
設計初心者・未経験者でも分かりやすいテキストを使って、ベテランの設計者がひとりひとりが理解できるまで丁寧に解説をしていきます。機械製図を学ぶ最初のステップとして、形状を読み取る練習を一緒にしましょう。
「機械図面の基礎」テキストの1ページ
 

ポンチ絵を描くことで自然に図面が読めるようになる学習形式

 
 ポンチ絵とは、立体的にモノを描いたイラストのことです。
本講座では、図面を読み取るためのルールを学びながら、図面から読み取った形状を頭の中で立体化しポンチ絵で表現したり、逆にポンチ絵から図面を描く練習をします。
 はじめは簡単な問題でも意外と難しく感じたりしますが、たくさんの演習をすることで、セミナーが終わるころには複雑な形状の図面に対しても頭の中で立体を想像することができるようになります。
ポンチ絵を使った機械図面の演習イメージ
 

機械設計が全く分からない未経験の方でもおススメです。

 
 ■ ポンチ絵の練習は、ベテランの設計者でも初心者のときに実践する実績のある訓練方法です。
 ■ オリジナルテキストを使った講師の丁寧な指導で、ポンチ絵の描き方やコツまで分かるので安心です。
 ■ 少人数制なので、講師や参加者同士でコミュニケーションを取りながら楽しく学べます。
「機械図面の基礎」講習の風景
 

講習内容

 

■ Ⅰ部

1.ポンチ絵とは?
2.簡単な形状を実際に描いてみる(実際に見えている部分の表し方)
3.実物を2次元で表現する手法(外形線とは?)
4.図面に描かれている表示方法や線の意味
 

■ Ⅱ部

5.実際には見えない部分を表現する方法
6.いろいろな表示方法(各種投影法の紹介)
7.図面から立体形状を想像して描いてみる(課題演習)
8.立体形状から図面を作成してみる(課題演習)
 

受講者からも好評価を頂いています

・図面を書くことが目標ではなく、図面を読めるようになることが目標だったのでこのレベルからやっていただいて丁度良かった(M.Y)
・元々自分の中に知識が少ない状況だったので不安もありましたが、最後は理解が深まりました(Y.K)