計算力学技術者/CAE技術者2級
(固体力学分野)対策セミナー

計算力学技術者/CAE技術者2級
(固体力学分野)対策セミナー

計算力学技術者/CAE技術者2級(固体力学分野)対策セミナー

販売価格
¥64,800
在庫状態
在庫有り
数量

計算力学技術者/CAE技術者試験とは?

 
 日本機械学会が認定する計算力学技術者/CAE技術者試験は、CAE解析業務の知識と実践力を認定する資格試験です。
 専門的なスキルを要するCAE解析エンジニアが正しく業務を行う知識を有しているかを認定する資格試験で、CAEに関わるエンジニアの間では、広く認知されてきた資格試験です。

 その中でも技術屋.netが取得を推奨している『固体力学分野 2級』試験は、機械のCAE解析を業務とする技術者にとって、必要不可欠な力学知識,実務知識が試されており、エンジニア自身の実力を把握するためにも最適な試験です。
 企業にとっても、資格保有者はCAE解析を実践する即戦力として認める判断基準となり得る資格です。

『固体力学分野 2級』試験対策に特化したセミナー

 『固体力学分野 2級』試験は、一定の基準に達することで合格することができますが、その合格率は、毎年30%前後と比較的難関の試験と言えます。
 技術屋.netでは10年間試験対策セミナーを開催してきた経験から、合格することが難しくなる理由は大きく2つあることが分かっています。
 1.力学知識,実務知識を幅広く理解している必要がある。
 2.出題の内容,仕方に特徴があるので慣れておく必要がある。
合格するためには、この2つをしっかり克服しておかなければなりません。

 本セミナーは、有限要素法の勉強を一通り終えた方を対象に、標準問題集の問題の解き方,取り組み方を解説していくセミナーです。
 これによって、資格試験の出題傾向に慣れるとともに、力学知識の総復習ができます。

標準問題集で解き方,取り組み方をひたすら解説

 
 計算力学技術者試験の標準問題集の問題は、広い試験範囲の問題が網羅されており、本試験においても同じ問題が出題される場合があるので、受験者は必ず一通り解いておく必要がある問題集です。
 当然、問題集に解答/解説も付属していますが、一般的な受験者が理解するには内容が難しいものも多くあります。
 本セミナーでは、問題集の中でも、特に製造業でCAE解析業務を実施している技術者が苦手なことが多い、固体力学,及び有限要素法に関する問題を中心に、ひたすら解説をしていくセミナーです。
 『問題集の解説』をさらに分かりやすく解説をしていくため、知識が十分に定着していない方でも、合格に必要な知識を確実に理解していくことができます。
 

講習内容

 

1.計算力学技術者試験の傾向と対策

 参加者に改めて、試験問題の特徴を説明し、合格するための考え方やタイムマネージメントの方法について説明します。
 

2.標準問題集解説

 標準問題集の中から、『 固体力学分野/有限要素法の概要/マトリクス法/有限要素法の基礎/アイソパラメトリック要素/要素の選択/モデリングと境界条件の設定 』に関わる問題について抜粋し、解説を実施します。
 これらに関わる分野の数学知識についても必要に応じて解説しています。
 

3.計算力学技術者倫理の鉄則

 本試験において、技術者倫理は確実に正解しておきたい問題ですが、直感的に選択すると誤答してしまうことがあります。
そこで、技術者倫理の問題を正解するためのポイントを解説しています。