プロジェクト

セミナー運営2017年02月24日

機械設計の基礎にこだわる2017年度セミナー受付開始!

 2017年度の技術屋セミナーは「機械設計の基礎固め」をテーマに計画。受付を開始しました!

機械設計の未経験者や初心者でも、楽しみながら基礎を身に付けることができるセミナーには・・・
ポンチ絵で学ぶ機械設計図面の基礎セミナー
Fusion360で学ぶ3Dモデリング ~自分だけのオリジナルスタンプを作ろう!~

機械設計の技術者として基礎力を固めることができるセミナーには・・・
設計者の即戦力を高める機械製図(2日間集中講座)
機械設計に必要な剛性設計の基本(18時間コース)
CAE解析を活用するための有限要素法入門(15時間コース)

・・・と、今期は二人のベテラン技術者で、充実の内容を講義していく予定です。

 僕が講師として担当させて頂くのは、機械設計者向けのセミナーとして「剛性設計」と「有限要素法入門」。
 今回は「機械設計の基礎」にコダワってセミナーを企画していますが、特に「基礎」という言葉に「誰も教えてくれない大事なこと」という意味を込めています。
 僕は設計業務を遂行する時に最も大切なことは、力学や規格に込められた本当の意味、つまり「本質」を知ることだと思っています。しかし、これを納得できるように説明をできる人は少なく、長い間、業務経験を続けていく事で習得したり、誤解したままになっていることも多いようです。
 そうすると理解が「あいまい」になってしまうことが多いので、これをスッキリしてもらうことが、技術屋セミナーの「基礎」を学ぶことだと思っています。

 漠然としていて分かりづらいかもしれませんので、昨年のセミナーアンケートで、受講された方の感想を幾つかご紹介しますね。

「解説が原理について詳しく説明され、質問内容にピッタリの答えをまず言ってくれるので納得しやすかったです。様々なあいまいなところについて腹落ちできました。」
「基本を丁寧にやった後に、実務的な話をして、基本と実務のつながりが分かるような構成になっていて分かりやすかった」
「今まで業務の中で、何を計算しているかよく分からない作業をしていることがあったが、今回、全体像だけでなくその内容まで理解できたので、今後は自分で判断しながら業務ができると思う。」

 2017年度のセミナーでも多くの方にスッキリしてもらえることを目指したいと思っています。

K.T