プロジェクト

セミナー運営2017年06月30日

計算力学技術者/CAE技術者試験の対策セミナーに向けて

 日本機械学会が認定する計算力学技術者/CAE技術者試験の申込みが近づいてきました。
そろそろ受験するかどうかを悩み始めている方もいるのではないかと思います。

 技術屋.netでは、機械設計に関わるCAE解析者・設計者に対して『2級(固体分野)』受験を推奨しており、要望に応じて対策セミナーを実施しています。
 
 
 今年も試験にチャレンジされる企業や個人からのご要望で対策セミナーを秋頃に計画中。
それに向けて2016年度版の標準問題集を購入しました!
毎年、標準問題集は少しずつですが改正が加えられているので、セミナーを開催する時には必ずチェックしています。
 
この標準問題集。
どれだけ力学や有限要素法の知識・業務に自信があったとしても、試験への合格に向けては、しっかり全ての問題を解けるようにしておくことが非常に大切です。

その理由は3つ。
・ 毎年この中からほぼ同一の問題が少なくない比率で出題されます。
・ 試験範囲に対して満遍なく網羅されているので苦手な箇所が分かります。
・ 試験特有の『出題の癖』のようなものを理解することができます。
 
 
と良いことばかりに見えますが、実際に解く受験者にとっては苦悩する点も。
・ 問題自体が何を問われているか分からないくらい難しい。
・ 解答の解説を読んでも理解できないことが多い。

 そもそも計算力学についての知識が十分にあることが前提でつくられている問題集であること、問題集として編集できる文字数にはかなりの制限があると思うので、それを考えると仕方ないことです。

 しかし、製造業でCAE解析を担当していて挑戦する方の多くは、計算力学の理論をあまり意識することなく業務を実施していると思います。
そのような方は、計算力学の理論をしっかり理解していないことも多く、この資格試験を通じて理解を深めようとしている場合、この問題集はかなりの苦痛だと思います。
 
 そのため、問題と解答を暗記してしまう受験者もいたりするのですが、やはり理解していない状態で受験すると、それが結果に反映してしまうことが多いのです。
 
 
 それを補うのが対策セミナーの目的です。
問題の意味を理解し解答を導けるようにひとつひとつの問題に対して丁寧な解説をしていくこと。また、短時間で問題を解くために、解き方のテクニックや覚えておいた方が良い知識なども。。。
受験者のセルフスタディを支援するための最大限のサポートを提供していきます。

 それを実現するためにも、まずは講師である自分が全ての問題をしっかり理解して事前に解いておくこと。
今年も問題集の全問題をひとつひとつ解いていこうと思います。。。大変な作業だ(笑)