ナレッジベース

描いたスケッチの大きさを決めよう

 長方形の大きさを決めます。方法は二通りあります。
➀スケッチを描きながら大きさ(サイズ)を決める方法
➁描いたスケッチに寸法を設定することで大きさ(サイズ)を決める方法
(操作し易い方法で作成してくださいね。私は➁で作ることが多いです)

 

➀スケッチを描きながら大きさ(サイズ)を決める方法

068

 「長方形」>「2点指定の長方形」を選択し、最初のコーナーを決めます。マウスを移動させるとスケッチ線に合わせて寸法が表示されてきます。この寸法に数値を入れながら大きさを決めて形状を作成することができます。縦、横の寸法のうち、ハイライトされている方の数値を変更することができますので、作成したい大きさの数値をキーボードから入力します。図では、縦の寸法数値がハイライトされています。

tab  071

 縦寸法を入力後「Tabキー」を押すことで、もう一方の数値がハイライトされます。
「Tabキー」を押さずに「Enterキー」を押すと、数値が確定してしまい、一方の寸法が決まった状態でスケッチ形状ができあがりますので気をつけてください。

 また、最初に入力した寸法数値には、鍵のマークが表示され数値が確定されます。
※マウスを動かすと確定された数値の線はそのままの長さを保持した状態で移動します。

072

 横の寸法数値を入力後「Enterキー」を押します。寸法数値が確定し、長方形のスケッチが完成します。

 

➁描いたスケッチに寸法を設定することで大きさ(サイズ)を決める方法

069

 「長方形」>「2点指定の長方形」を選択し、長方形のスケッチを描きます。

001

 「スケッチ▼」>「スケッチ寸法」を選択します。

WS000016

マウスポインタの形が変更されたことを確認してください。

074

 縦、横のスケッチ線を選択します。図では、縦のスケッチ線を選択しています。
選択した後、スケッチ線から少し離れた位置で左クリックします。寸法線が引き出され、寸法数値を入力できるダイアログが出てくるので数値を入力します。

075  076

 同じように、もう一方のスケッチ線を選択し、寸法数値を入力してください。
長方形のスケッチが完成されます。