ナレッジベース

スケッチの特徴

スケッチの大きさを決めずにスケッチを描いた場合、スケッチを自由に動かすことが出来ます。

092

 こちらの長方形は「長方形」>「2点指定の長方形」コマンドで作成されています。
スケッチを描き始めるときに、最初の頂点を原点に合わせて描いているので、最初の頂点の部分は原点に固定(拘束)されていますが、他の部分には自由度があります。

092 101 

 スケッチの頂点や線をドラッグして確認してみてください。自由に動くことが確認できます。
(長方形の縦、横の線は、水平または垂直の拘束が付いた状態で移動されます。)
 動かすときに合わせて確認して欲しいのは、長方形のスケッチを描くときに選択したコマンドによって、スケッチ形状に拘束が追加されています。(拘束のマークは朱色の丸印の部分)
※スケッチの拘束に関しては、別のところで詳しく説明します。

093

また、他の長方形のコマンドは、選択したコマンドに合わせてスケッチ線に拘束が付きます。こちらの長方形は「長方形」>「3点指定の長方形」コマンドで作成しています。

 

 スケッチは、必ず寸法を入れながら作る必要はありません。ただし、寸法を入れずに作成したスケッチは自由に動くことを覚えておいてください。作業中に間違ってスケッチを動かしてしまう可能性があります。

♬)私はスケッチを描いた後、寸法を入れて作成していくことが多いです。間違って動かしてしまったり、形状が壊れてしまう心配がないからです。。

 

094

 スケッチは、寸法と拘束によって大きさや形が確定されます。それを確認する方法としてスケッチに寸法線や拘束のマークが表示されているかで見分けます。図のように、縦、横の寸法と拘束マークがある状態でスケッチの頂点や線をドラッグしてみてください。スケッチを動かすことはできません。スケッチが「完全拘束」された状態となります。

 

◇◆◇ 補足 ◇◆◇
 ここからは、まだ実際の機能として導入されていませんが、「スケッチ線の色の違いで拘束されている状態を見分けること」ができます。この機能は、体験版として使用出来るので補足として簡単に紹介させていただきます。
♬)体験版なので使いたくない方は、実際に操作しないでくださいね。。

 

 先ほどまでご紹介したスケッチの大きさや形に関して、寸法や拘束を付けることで形状が確定されます。今までは、簡単な形状の長方形で説明していたのでわかりやすかったと思いますが、複雑な形状のスケッチを描いた場合に、寸法や拘束が足りない部分をどうやって確認すれば良いか難しいですよね。

095

 画面右上にある「プロフィールとヘルプ」から、ご自分のお名前の右側にある「▼」を選択し、プルダウンより「基本設定」を選択します。

096

 「基本設定」のダイアログボックスが表示されます。左側の一番下にある「プレビュー」を選択します。

100

 「プレビュー」の内容が右側に表示されます。
※このとき、「Fusion360 Preview」のメッセージが出てくる場合がありますので「次回からサインアップ」を選択してください。
 右側の一番上「スケッチ - 拘束ステータスに基づいてスケッチジオメトリを色分け」のチェックボックスにチェックを入れ、「適用」>「OK」を選択してください。こちらにチェックを入れることでスケッチの拘束された部分と自由度のある部分が色分けされてわかりやすくなります。

098 099

 左の図は、「長方形」>「2点指定の長方形」コマンドで描いた長方形のスケッチです。図形を見るとスケッチ線が「黒」「青」で表示されているのがわかります。この時点で頂点や線をドラッグすると、原点が固定された状態でスケッチを動かすことができます。また、右の図は、左の図の長方形に一つ寸法を追加しました。スケッチの線が「青」から「黒」に変わっていることを確認してください。この状態で線や頂点をドラッグしてスケッチの動きを確認してみてください。先ほどと違い、右方向にしか移動できなくなっています。

※このように、スケッチ線の色の違いで、拘束されている状態を確認することができます。

♬)この機能が早くリリースされると嬉しいなぁ~(^^♪