ナレッジベース

有限要素

 有限要素法(Finite Element Method)は、複雑な形状や構造の部品も単純な形状の集合体となるまで分割します。
 そのひとつひとつの単純な形状を「有限要素」、または単に「要素」と呼び、要素が集合体は、網目状に見えることから「有限要素メッシュ」、または単に「メッシュ」と呼びます。
 要素は幾つかの点で構成されており、この点は「節点」と呼びます。剛性解析では、各節点がどのように動いたかという変位を算出し、部品全体の変形を求めることが目的となります。

有限要素
 
 要素は、形状や節点数,解法などによって、様々な種類があり、目的や計算時間に合わせて選択します。ここでは代表的な分類に関して紹介しておきます。
 

  • 要素形状による分類
  • 要素を構成する節点数による分類
  •