ナレッジベース

スイープコマンド

023
ここでは、スイープコマンドを紹介します。

 

002
 「スイープ」コマンド:スケッチで描いた輪郭をパスに沿わせることで、その形状を作成します。
スイープコマンドを使って形状を作成する場合は、輪郭とパスが必要になります。

024025
 新規でスケッチを作成します。今回はXY平面に五角形ポリゴンのスケッチを描いています。
スケッチの中心を原点に合わせています。スケッチを終了します。

026027
 次に先ほど描いたスケッチと垂直にある平面にスケッチを描きます。今回はYZ平面にスプラインでスケッチを描いています。スケッチの描きだしを原点に合わせています。
(輪郭スケッチと離れた位置にパスのスケッチを作成しても形状は作成できますが、必ず輪郭スケッチの平面を描き出し位置に指定してください。)

028
 輪郭のスケッチとパスのスケッチが作成されました。

029
 作成>スイープを選択します。スイープのダイアログボックスが表示されます。今回はタイプ:単一パスのまま作成していきます。

030
 プロファイルに最初に描いた五角形ポリゴンのスケッチを選択します。

032033
 パスにスプラインで描いたスケッチを選択します。プレビューが表示されますので形状を確認してください。

036
 距離は「1.0」のままにします。
この距離とは、パスとして描いたスケッチの長さを「」として、ソリッド化する距離を決めることができます。距離を「0.5」にすることで、パスのスケッチの半分の長さで形状を作成することが出来ます。

037
 方向では、作成したスイープ形状の断面を指定する事が出来ます。
直行:パスのスケッチに対して断面が直行するように作成
平行:プロファイルのスケッチ断面と平行になるように作成
作成したい形状によって選択してください。通常は直行で作られることが多いです。

※通常、新規作成すると何もないファイルが開かれてきます。一番最初に作成する形状は、
必ず新規ボディとなります。